白髪染めを使うと髪の毛は傷む?

白髪が目立ち始めると、どうしても白髪染めをしたくなります。

近頃では各メーカーが研究を重ね、独特の刺激臭が抑えられたものや、頭皮や毛髪に負担の少ないもの、液ダレしない泡タイプのものなど便利で使いやすい製品も多く販売されています。
しかし、どの商品も長期間使い続けるとどうしても頭皮や毛髪にダメージを与えてしまいかねません。
市販の白髪染めには、多くの化学成分が配合されているため頭皮や毛髪を刺激してしまうのです。
一般的に白髪染めは、酸化染料とアルカリ剤を配合している1剤と過酸化水素水が入った2剤を混合し、混合液を作ります。
アルカリ剤は毛髪のキューティクルを開く作用があり、開いたキューティクルから染料を浸透させます。
その結果、髪を保護するキューティクルが開いて作用しない分、ダメージを与えてしまうことになるのです。
同じく1剤に配合されているパラフェニレンジアミンという化学成分は、髪の毛を色濃く染める特徴がありますが、反面、刺激の大変強い成分です。
アレルギー体質の方が、ジアミン系化学成分が入っている製品を使うと、湿疹や頭皮のかぶれ、腫れなどを引き起こす場合もあります。
酷い場合には、呼吸困難などのショック症状などが起きることもあるので注意が必要です。
最近では、天然成分配合で作られている白髪染めが人気を呼んでいます。
多少市販の白髪染めよりも値段は高めですが、髪の毛に負担をかけないばかりか使うほど健康的な毛髪になるうえ、どんな体質の方でも安心して使えることが好評のようです。
頻繁に使う白髪染めだからこそ、安全なものを選んで使うことが重要になります。